×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP  MENU


■16ビットカラーのディスプレーでどのくらい色を見分けられるのかの実験

T WebセーフカラーRをffに固定した時のカラーチャート

R:ff G
00 33 66 99 cc ff
B 00 ff0000 ff3300 ff6600 ff9900 ffcc00 ffff00
33 ff0033 ff3333 ff6633 ff9933 ffcc33 ffff33
66 ff0066 ff3366 ff6666 ff9966 ffcc66 ffff66
99 ff0099 ff3399 ff6699 ff9999 ffcc99 ffff99
cc ff00cc ff33cc ff66cc ff99cc ffcccc ffffcc
ff ff00ff ff33ff ff66ff ff99ff ffccff ffffff

Webセーフカラーは16進法で表記すると33(10進法に直すと51)階調ずつの刻みでRGB(赤・緑・青)のカラーコードを指定している。

この表の段階ですでにff0000とff0033の区別がつかない。そういえば00の行列と33の行列を見比べてみても
ほとんど色の違いを区別することはできないだろう。
そういう理由でWebセーフカラーのバナーを作った時に「同じに見えてしまう色」は省略したのだ(笑)
しかし表の中ほど、太文字で示したあたりの色は隣の色と明らかに異なる。
そこでその部分を更に細かい諧調に分けて色を並べてみた。


U ff6666〜ff9999 の間においてRGBを10諧調ずつ変化させてみた場合のカラーチャート。

R:ff G
66 70 7a 84 8e 99
B 66 ff6666 ff7066 ff7a66 ff8466 ff8e66 ff9966
70 ff6670 ff7070 ff7a70 ff8470 ff8e70 ff9970
7a ff667a ff707a ff7a7a ff847a ff8e7a ff997a
84 ff6684 ff7084 ff7a84 ff8484 ff8e84 ff9984
8e ff668e ff708e ff7a8e ff848e ff8e8e ff998e
99 ff6699 ff7099 ff7a99 ff8499 ff8e99 ff9999

四隅の色がWebセーフカラーに相当する。
まだこの段階では隣同士の色も16ビットカラーのディスプレー上で異なる色に認識できるものが多い。


V 更に細かく2階調刻みに分けてみた。こうなると8色くらいにしか見えない(笑)

R:ff G
7a 7c 7e 80 82 84
B 7a ff7a7a ff7c7a ff7e7a ff807a ff827a ff847a
7c ff7a7c ff7c7c ff7e7c ff807c ff827c ff847c
7e ff7a7e ff7c7e ff7e7e ff807e ff827e ff847e
80 ff7a80 ff7c80 ff7e80 ff8080 ff8280 ff8480
82 ff7a82 ff7c82 ff7e82 ff8082 ff8282 ff8482
84 ff7a84 ff7c84 ff7e84 ff8084 ff8284 ff8484

ということは、だいたい4階調の変化で「違うかな」という印象が出るようだ。
この場合は赤を最高値ffに固定した場合なので、また条件が異なれば見え方も違ってくると思う。
Webセーフカラー256色というのは少ないような気もするが、
人間の目には案外不自由は無い色数なのかもしれないという感想を持った(笑)